本文へスキップ

〒015-8543 秋田県由利本荘市川口字愛宕山1番1

TEL.0184-22-3219/FAX.0184-22-3220



ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー

台 湾 訪 問 (2019年)

 平成29年1月20日、台北市立景美女子高級中学が冬休み中に行うService Learning Campに参加するため、本校生徒8名と引率の教諭2名が
由利高校を出発しました。国際科に所属する2年生4名と、来年度国際科に所属予定の1年生4名が、不安と期待を抱きつつ参加しました。
 平成二十九年一月二十日,由我校両名老師帶領
的八名学生,其中包括四名両年級國際科学生和明年将成爲國際科的四名一年級学生
着不安和期待的心情從由利高中出發前往臺湾参加臺北市立景美女子高級中學的冬令營活動

<台湾滞在1日目〈在臺湾第一天〉
 東京に一泊した後、1月21日、台北市に到着しました。景美女子高中の生徒や先生方が、私たちを歓迎してくださいました。
 在東京住了一晚上,一月二十一日到達臺北市,在那里受到了景美女子高中師生的迎。

  

 生徒はその後、ホームステイ先に移動し、夜市の観光などを楽しみました。
 然後學生由各自的寄宿家庭安排,参加夜市観等活動

<台湾滞在2日目〈在臺湾第二天〉
 1月22日朝、景美女子高級中學に集合しました。秋田では見かけない南国の木々が私たちを迎えてくれました。
 一月二十二日在景美女子高中集合,映入眼簾的是那些在秋田見不到的南国樹,好像也在歡

   

 南投県の水里國民小學に向け、出発します。日本語がほぼ通じない環境下、慣れない英語での意思疎通の長い旅が始まります。途中、集集鎮に
立ち寄り、1999年9月21日に起きた大地震で1階が押しつぶされた武昌宮(下左)と、各地からの募金で立て直された武昌宮(下右)を見学しま
した。
 和景美女子學生一起出發去南投縣水里國民小學。行程中大家用不流利的英語互相交流。途中停車去了集集鎭,左下圖是一九九九年
月一日在地震中倒塌的武昌宮一樓,右下圖是用各地捐款重建的武昌宮

 

 

 その後、水里國民小學に到着しました。説明を聞きます。
 到達水里國民小學,聽學校介紹

 

 夕食は、ご飯にいろいろとおかずを乗せて食べる形式でした。夜は地元の方の協力を得て、木の枝を加工し、民芸品を作りました。
 晚飯吃盖浅飯。飯向当地居民學習利用樹枝制做傳統手工藝

  


<台湾滞在3日目〈在臺湾第三天〉
 小学生への授業が始まりました。景美女子の生徒が授業を行います。由利高校の生徒も参加しながら手伝います。
 景美女子學校的学生給小學生上課,由利高中的學生也邊協参與其中。

 

 午後からは陶芸に取り組みました。夜はみんなでお菓子を作りました。意思の疎通もかなりできるようになりました。
 下午有陶藝制作,晚上大家一起邊制做点心邊交流,氣氛很熱




<台湾滞在4日目〈在臺湾第四天〉
 午前中に、日本語の授業を行いました。日本語のあいさつやじゃんけんなど、みんなで体を動かしながら取り組みました。
 その後は、みんなで記念写真の撮影です。
 上午給大家上日語課教一些簡単的問候語,并用石頭剪子布等游戲形式進行互動。然後一起拍集体照留念。

 

 午後からは、付近にある大観発電所と、その近くにある車埕駅を見学しにいきました。
 下午去附近的大觀發電所和車珵車参觀

 

 夜は全体の送別会が開かれました。歌あり、踊りありと盛りだくさんで、由利高校生は『ふるさと』を歌い、新本荘追分を踊りました。
 晚上开歡送會,有唱歌跳舞各種節目。由利高中的學生合唱歌曲故郷并熱跳新本荘追分舞。

 いよいよ、台湾で過ごす最後の夜です。
 到了在臺湾的最後的晚上。

 


<台湾滞在最終日〈在臺湾的最後一天〉
 別れはいつもつらいものです。最後はみんな、涙を流して別れを惜しみました。
我愛你!再見!」
 别總是痛苦的,最後大家流着眼泪在
我愛你!再見!」声中依依惜别。